「バビロン大富豪の教え」の書評・レビュー 金持ちになるための心構えが学べる! 

書評

今回は「漫画版バビロン大富豪の教え お金と幸せを生み出す5つの黄金法則」を読んだので、要約しながら書評・レビュー記事を書いていきます。

突然ですが皆さんはお金持ちの人たちに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

  • 生まれつきの勝ち組で人生楽そうだな…
  • 自分たちとは住む世界が違う

と諦めていませんか?

しかしこの本の1章では金持ちについて

「大金を持っている人」のことではなく、「お金の増やし方を知っている人」のことである

と明確に定義されます。

現代において高校までの教育でお金について学ぶことは全くありませんし、大学でもそれは同じ(需要関数?最適消費計画? 何それおいしいの?)。

しかしこの本なら、何をしなければならないのかが明確にされるため金持ちに向けての行動を始めることが可能です。

  • お金について学びたいけど本を読む時間が無い(またはダルい…)
  • 純粋に金持ちになる方法が知りたい

という方にはおすすめできる本です。

ちなみにAmazonプライム会員なら電子書籍kindke版が無料で読めちゃうのでおススメ!

<script>” title=”<script>

<script>

黄金を増やす7つの道具

この漫画の舞台は、紀元前に存在した王国バビロニアの首都バビロンです。

漫画内でバビロン一の大富豪である「アルカド」はバビロンにおいて講習会を開いていて、そこで明かされるのが「黄金を増やす7つの道具」。

それは以下の7つです。

  1. 収入の1/10を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 蓄えた金を働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ

1・2・6は合わせると「収入の1/10を貯金し、9/10でかなえられない欲望は諦めろ」ということになります。

3はいわゆる投資のお話、4は儲け話はその道に長けた人に相談しろということ。

投資などでは甘い話に乗らず、必ず専門家に話を聞くように説かれています。

5はそのままの意味で、住居は幸せな生活と密接に結びついており、お金を増やすモチベにもつながるという意味。

そして最後の7は、行動してお金に対する知識を身につけていくことが説明されています。

どうでしょう、得体のしれない存在だった金持ちの人たちのメッキは剥がれましたか?

一度に全部は無理ですが、今日からでもできることはあります。

始めの一歩としてはやっぱり1番の敷居が低めですね。

皆さんもできる所から始めてみては?

「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則

続いては「五つの黄金法則」について。

アルカドから他国への旅という試練を課された主人公バンシルが、無一文になってしまった時に学ぶことになる知識です。

こちらは先ほどの7つの道具をさらに進化させた「真理」であると述べられています。

それは以下の5つ。

  1. 家族と自分の将来のために収入の1/10以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、喜んでやってくるだろう(7つ道具の1)
  2. 黄金に稼げる勤め先を見つけてやり、持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば、黄金は懸命に働くことだろう(7つ道具の3,7)
  3. 黄金の扱いに秀でたものの助言に熱心に耳をかたむける持ち主からは、黄金が離れることはないだろう(7つ道具の4)
  4. 自分が理解していない商い、あるいは黄金の防衛に秀でたものが否定する投資をしてしまう持ち主からは、黄金は離れていくだろう。(7つ道具の4,7)
  5. 非現実的な利益を出そうとしたり謀略家の甘い誘惑の言葉に乗ったり、己の未熟な経験を妄信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう(7つ道具の7)

5つの教えを実践することで、バンシルは成功をおさめ無事に試練をクリアします。

上記の対応する7つ道具は完全な筆者個人の主観ですが、結局金持ちになるためには

  1. 収入の1/10の貯金
  2. 投資する相手を見つける
  3. 専門家の話を聞く
  4. 自分が投資する商売を理解し、金持ちが否定する商売はやめる
  5. 夢のような利益、己の未熟さを信用するな

を実践せよということ。

この本が一貫して伝えているのは「誰でも金持ちになれる」ということ。

そしてお金持ちとそうでない人の最大の違いは「行動したかどうかである」という点。

現状に甘んじ、行動を起こさなければ決して何かが変わることはありません。

ただの大学生には耳が痛い話ですが、自分も少しずつ実践していこうと思います。

補足 仕事は感謝されるためにするもの

今の大学生の大半は恐らく仕事を「ただ金銭を得るための手段」または「自分の成長のための踏み台」だと捉えていると思います(自分もそうでした)。

恐らく社会人の中にも一定数そう考えている方はいらっしゃるでしょう。

漫画の中で金持ちになったバンシルが、それでも働き続ける理由を問われた時に言う言葉があります。

感謝されるために懸命に仕事をすれば、お金はあとからついてくる

というもの。

つまりお金はおまけなんです。

正直ずっと「働きたくない…」と口癖のように思っていた自分が恥ずかしくなりました…。

どんな仕事であっても、お金をもらうためには相手に感謝される必要があります。

筆者はまだ社会人ではありませんが、アルバイトやこんなブログであってもそれは同じ。

仕事に関してやりがい的な意味で悩んでいるなら、まずは他人に喜んでもらうことを目標にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ お金について学ぶ第1歩としておススメ!

金持ちとはどういう人か、金持ちになるには何をしなければならないのかといったことが漫画で学べる良書でした。

絵も上手で物語の中に入り込めるため、さくさく読み進めながら勉強ができます。

本を読むのが面倒だけどお金については知りたいという方にもおススメ。

この本を読んで、金持ちになるための行動を始めてみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました